ABOUT

占いソウルカウンセラー Maya Arika

Mayaはサンスクリット語で"魔法"、

Arikaは、チリの先住民の言葉で”新しい扉を開く”という意味です。


幼い頃から未知の世界に対する好奇心が強く、大学時代はバックパッカーで世界各地を旅していました。

大学卒業後は、航空会社に就職しましたが3年で退社し、ハネムーンで念願の世界一周旅行を実現。

様々な価値観に触れながら70ヶ国以上を旅し、この地球においての幸せって何だろうと模索を続けていました。


帰国後、夫婦で飲食店を経営していましたが、魂からの強い導きで単身、南米エクアドルに移住。

南米各地で通訳ガイドをしながら、南米の大自然や文化、価値観から大きな影響を受けました。

帰国後、中南米専門の旅行会社の日本支社を立ち上げ、個人旅行のご相談に乗る傍ら、旅番組のリサーチや、

映画やTVの南米ロケのコーディネートにも参加。


やっと好きな仕事で時間も収入も満たされた所で、またまた魂の呼びかけが…

色々なシンクロが重なり、現在は主に占いソウルカウンセラー、ヒプノセラピストとして活動しています。


2020年のコロナショックが起きた今、数年前の魂の声はこのことを知らせていたのかな?と分かってきたところです。

占星術の視点からも、2021年以降はより自分らしく、魂レベルで本質を生きる人が活躍する時代へと移行していきます。

そんな激動の時代を共に生きる皆様に、セッションを通して、ご自身の魂が望む生き方への道しるべが出来れば幸いです♡